Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://hetsu.blog35.fc2.com/tb.php/412-c306f367
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

遅ればせながら・・・再現答案の公開3

休憩時間に、持参のおにぎりをさっと食べて、近くのコンビニに走りました。
時計が売っていないかと思ったのですが・・・なかった(泣)
1件のみで、時計はあきらめることにしました。

事例Ⅲは、もともと一番苦手意識のない科目のはずでした。
H20年度の評価も唯一Aでした。
が、2年目は、模試で事例Ⅲの成績が振るわず、自分でも原因がわかりませんでした。
MMC模試(4回目)を受けた際に、はじめて、答案アドパイスを受けたのですが、その際に事例Ⅲについて指摘された点としては、”他科目に比べて、全体的に与件の読み方も記述も雑”ということでした。
無意識だろうけど、事例Ⅲのみが与件を無視した自分本位な回答になっていたようです。

ということで、本番は、それをとても意識したのですが・・・
H21事例Ⅲは私にとっては、とても頭に入りやすい事例で、回答を作成する時間も余裕がありました。
が、与件文にある気になるポイントが回答に盛り込みきれていないという思いが強く、試験直後は、できたのかできてないのかピンとこない・・・そんな感触でした。

後で、口述試験の準備をした際に、事例Ⅲは一番、理解がスムーズだったので、やっぱり、一番苦手意識がない科目かなあとは思います。


事例Ⅲ

第1問
 ①消費者の健康、安全志向にマッチした製品、②消費者の嗜好、要望を入手し製品開発へ連携する体制、③好調なインテリア用品店との取引、④ライフスタイルの提案力、により、高付加価値な製品が若い主婦を中心とした顧客に受け入れられているからである。

第2問 設問1
ボトルネックにあわせて月販売予測数を超えたロットサイズで製造し、アイテム数も多いため在庫過大になる。また製品在庫管理を行なう営業部が、生産計画作成後の情報交換を行っておらず、適正在庫を把握していない。

第2問 設問2
 対策は、①段取り作業を見直しロットサイズを小さくしラインバランシングを図る、②生産計画の策定期間を短くしリードタイムを短縮する、③製造、営業部門の情報交換を行い、製品の適正な在庫数を共有する、④死に筋を中心にアイテム数を絞り込む、である。

第3問 設問1
メリットは、①OEM先から消費者ニーズや製品アイディアを得て製品開発に活用、②安定した受注拡大による収益性の向上、③新チャネルによる売上リスクの分散、である。

第3問 設問2
 課題は①受注後の正確な納期回答の仕組み作り、②従来の見込生産と並行した生産体制の確立、である。対応策は、製造の現場対応を止め、全工程で計画に基づく作業指示をすると共に、余力を把握し正確な進捗管理を実施する。また部門間の情報共有を強化する。

設問4
見込生産は、高い精度の需要予測に基づいた、製品在庫の現品管理を重視する。受注生産は、受注数と納期に基づいた、生産計画の予実管理等の生産統制を重視する。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://hetsu.blog35.fc2.com/tb.php/412-c306f367
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

ランキング参加中

にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

いもぺんき

Author:いもぺんき
FC2ブログへようこそ!

3歳女児のママで、兼業主婦。 小さなソフトウェア会社で、生産管理システムの開発・導入・・・と、SEとして働いていましたが、育休から復帰後、自分の働く意義や立ち位置、また、これからの人生について、どうすればよいのか、わからなくなってしまいました。 そんな中、今の仕事を続けつつ、新たな自分の可能性として、中小企業診断士→工場のコンサルタント(←って限定しちゃってよいのかわかりませんが・・・)をめざし、受験を決意しました。

Twitter

 

FC2カウンター

最近の記事

ブロとも一覧


■ ブログ名:翻訳修業日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。