Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実務補習2日目

翌日は、午前中は各自が前日のヒアリング内容をまとめ、午後から指導員が予約してくれた会議室に集合。
指導員のアドバイスで、ホワイトボードを使って、経営理念、経営方針、内・外部環境から、ドメインを再構築という作業をしました。
これ、TBCの二次を説く方法とまったく同じなので違和感なかったのですが、みなさん、へ~って感じでした。
CFT分析を使う解法も、TBC方式なんだ、と初めて知りました。

ここでけっこう行き詰まり・・・
というのも、この企業さん、けっこうマイナス要因が大きく撤退提案をしたいのが本音・・・
ですが、Yes But!でまとめることになりました。

そこからは、2テーマに別れて、詳細内容の打ち合わせ。
だいたいめどがついたのが21時、次回、日曜に集まることになり、私は21時半に先に帰りました。

ほんと、時間がたつのが早い。
でも自分のパートはだいたい作業に落とし込めそうなので、がんばります♪

それにしても、みなさん、とても紳士的で、素敵な人ばかりです。
今回、ぐいぐい前に出てひっぱるような方は特にいらっしゃらないのですが、みな、それぞれにプロフェッショナルな分野をもち、きっちりとそれぞれの考え、意見を持ってぶつけています。
同じ中小企業診断士というキーワードでつながっていて、全員が、まじめに、前向きに取り組んでいるので会話して、楽しいです。
私はずっと通信で受験仲間もいなかったので、通学していたら楽しかったんだろうなあ・・・と改めて思います。

一次試験の知識、二次試験の方法論がつながっていく感じです。
みんな、さすが、試験を突破してきた人たちだなあ・・・すごいなあと感心してばかり。
私は、どう見えてるんでしょうね(笑)

その中で、私以外は錚々たる企業にお勤めの方ばかりなのですが、私の意外な優位性を見つけました。
それは、中小企業に自分自身が働いていることです。そして同時に大企業の勤務経験もあることでしょうか。

今回の企業は、大企業の感覚でいうと、信じられないことがけっこうありました。
それは、私自身の会社ではあたりまえにあったりすることでもあるのだけど、同時にメンバーが驚くことも理解できる・・・そんな感じです。

自分でも意外な、でもそれに気づけたことは、けっこう大きいと思います。


ということで、二日目終了です。


















実務補習1日目

仕事で、同僚へのお願い事は前日にしてきたものの、肝心のお願いの元ネタができていなくて、3時起床でがんばって7時にメール送信してなんとか完成。
実務補習用の持ち物をかばんにつめたりも、朝に大慌て・・・!!
娘を保育園に連れていき、東西線に飛び乗って、そこではじめて、「いよいよ実習かあ・・・」という感じのスタートでした。

竹橋で下車して日本教育会館へ。受付は人があふれかえっていましたが、私の受付列はがらがら・・・
よくみると、15日コースの方が人が多いのですね。5日コースはスムーズに受付終了でした。

開講式の広い部屋に入って、私の版は端っこの一番前で、班員と顔あわせ。
6人のうち5人が初受講、1名が3回目の受講でした。
公認会計士の方がいらっしゃって、後は、銀行2名、システム2名、技術1名。
指導員は、とても温和な癒し系の先生。副指導員も、にこにこ笑顔の先生です。

開講式の後は、班に別れ、軽く自己紹介。
先生によって、かなり実習のやり方が違うとは聞いていましたが、いきなり
「基本的フリーでお願いしますね」といわれました!!
そして、私たちは席をはずしますし、みなさんで班長とか決めてくださいね~と
おふたりとも退出されました(!)
フリーと言われたものの、勝手がわからず、唯一の経験者を、「どどど、どうする??」と、じっと見つめる残りメンバー・・・

ということで、その方が班長になり、役割分担を決めたりしてました。
という間にも、すぐ横で、他の班の指導員から班員へのカツ(?)
「中小企業診断士は、感性だ!!」という大きな声が聞こえて、ドキドキしたり~
本当に、指導員によって、班員によって、すすめかたはバラバラのようですね。

そして、すぐに、ヒアリングに出発!
ヒ・・ヒアリングって、なんのうちあわせもしていないんですけど状態でしたが
まずは、指導員が、ちょっと寄り道しますということで、東京駅と千葉県内で
ヒアリングするお客様と競合の商品の視察。
そして、その後、カプリチョーザでランチしながら、打ち合わせ。
1時間ほどで、2テーマ(新商品と新規事業)についてヒアリング内容を書きだし、いざ出発~!

お客様の事務所を見学した後、会議室でヒアリング。
2時間ほどと聞いていたのですが、特に後に予定もないので好きなだけどうぞということで、結局、お言葉に甘えて4時間もヒアリングしてしまいました。
その中で、ニコニコ温厚な指導員の先生が、社長に、ビシリと厳しい意見をぶつけ、社長たちが、背筋をのばすシーンもありました。

外はまっくら、疲れました・・・
懇親会をかねて、居酒屋で乾杯し、一日目は終了しました。

気になる子供のお迎えの時間ですが、以前、このブログでアドバイスいただいたように、事前に、事情を説明し、基本的に毎回21時までしか参加できないことを伝えました。
そのためにタイムキーパー的役割を勝手でて、みんな、できるだけ早くおわるようにがんばりましょう!という会話になりほっとしました。

初日21時に解散、長くてあっという間の一日でした。

























診断士受験の投資金額

2年前、私が診断士を受験してみようかと考えた時、ネットで受験に関する情報を探していて、502に登録していたある女性診断士のブログを見つけました。
3人の小さなお子様がいらっしゃるのですが、仕事をこなしつつ、独学でストレート合格されたすごい方です。
そのときは、それがどれほどすごい事かあまり理解していなかったので、自分のように、子供がいても、合格している方がいる!と勇気づけられました。

その方が、合格された後に、受験にかかった費用を集計されていて、たしか、それが10数万円だったということが、妙に印象に残っていました。

で、ふと、そのことを思い出し、では私は、診断士の学習に、ここまでいくらくらい投資してきたのだろう・・??
と気になったので、ざっくり集計してみました。
あくまでざっくりです。
私は、独学ではないので、初年度の通信講座だけでも、20数万を投資してますので、10数万円という数字も、いかにすごいかが、改めてわかりました!


TBC通信講座費用(2年) 45万
他社模擬テスト(2年)  4万
補助書籍代        3万
受験料(1,2次各2回) 6.5万
受験宿泊(2回)     1.5万              
グッズ代(メモリボ、ポータブルDVD、読書用ライト、お守り等) 5万

ざっと思いついたので、こんなもんですが、これで、65万。
こまごまとしたものだと、試験会場への交通費だとか、他、忘れていることもありそうですが、
65~70万くらいとして、実務補習が15万円なので
登録までに、80~85万円となります。

思ったより、いってるなあというのが素直な感想です。
旦那に軽く報告するだけで、自分のお給料の範囲で投資の意思決定をしてきましたが、もし、今、旦那に今後2年で85万投資させてくれ!といわれたら、渋ってしまいそう・・・(鬼)・・・ではなくて、旦那への感謝の気持ちを再認識したいと思います。

投資の回収は何年でできるかな。
ちなみに、私の会社は資格取得による一時金、手当は一切ありません(涙)






502キッキオフ会

昨日、502キックオフ会、1次会のみでしたが、参加いたしました。
盛大なオフ会で、スタッフの準備も大変だったと推察されます。
関係者の皆様、本当にありがとうございました。

17時会場ということで、ぴったりにいったのですが、すでに、会場は人でいっぱい!
ハイテンションな雰囲気の中、上着はどこに? 荷物はどこに? とオタオタしているところに、いきなり、クンミーさんに声をかけていただき、お話することができました。

あこがれの金メダルは、そのクンミーさんからいただくことができ、とても感激でした。
また、直後のNOAさんの合格者代表の挨拶は、自分の勉強生活を振りかえり、共感するところが多く、さらにうるる・・・と感激してしまいました。

あとは、フリーの時間で、受験期間にお世話になったたくさんの方とご挨拶し、あっという間の3時間でした。
帰りの電車では、声がカラカラ~~おなかがグ~グ~ 飲むことも食べることも忘れていたようです。

改めて・・・
私は、子育てという制約条件により、2年間、ずっと通信教育で自宅一人での学習生活を送ってきましたが、このブログの存在により、お顔を見たことのない、でも「診断士受験」というキーワードでつながるたくさんの方々から、たくさんのGiveをいただいてきていたのだということを実感しました。

今まで、takeばかりだったのですよね。
これからは、微力ながらも、Giveをする側にまわっていきたいな。
そんなことを思ったオフ会でした。

502の皆様、これからもよろしくお願いいたします。



帰宅したら、家の中がガスくさくて、頭痛がする!!
家族はあまりわかっていないようで、一酸化炭素中毒!?と、あわててガスファンヒーターを消して、換気をして、エアコンに変えたら、ヒューズがとんだようで、家の中がまっくらに・・・
ガス臭さが抜けるまで、ドタバタしていて、寝るのがすっかり遅くなってしまいました・・・





口述試験合格発表

10時過ぎに、移動中の電車の中で、iPhoneから合格の確認をしました。
多分大丈夫だろうと思っていても、落ち着かなかったので、本当にほっとしました。

4歳の娘は、私が勉強する姿を見て、すっかり、「勉強するお母さん」「目をさますと、隣にいないお母さん」
が大嫌いになってしまったのですが・・・
それでも、今日は「お母さん がんばったね。おめでとう♪」と言ってくれて(言わせて!?)
その言葉に、ちょっとウルル・・・っとしました。

実は、筆記試験は、完全に駄目だ・・・と思っていたので、仕事をやめて、3月から、大学校の養成課程に進もうと決意し、申し込みをしていました。
かなり悩んだ末の、大決心だったのですが・・・今日、養成課程の申し込み(書類審査中)の辞退の連絡をしました。
はあ・・・・・改めて、このような展開になるとは・・・
筆記の合格発表の日は、完全に、大学校で学ぶ自分(入学が決まったわけではないけど)をイメージしてシミュレーションし、根回ししている真っ最中でした。
本当に、一ヶ月前は、全然違うことを考えて動いていたのです・・・

それから、2月は、仕事がかなり立て込んでいて、日程調整が厳しいことが予想されますが、子供のファミリーサポート(ベビーシッター)等の手配も無事できましたので、
先程、思い切って、実務補習の5日間コースの申し込みをしました。

申込んだものの、大丈夫かなあ・・・と不安ですが、仕事、前倒しでがんばりたいと思います(泣)
一度は片道2時間かかる大学校に7ヶ月通い、演習、実習を乗り切る覚悟をしたのだから、できるはずだと信じます。

ここまでは、試験に合格することが目標でしたが、ここからは、本当に中小企業診断士になることが目標です。
御正月の休暇中に、私が診断士として活動するにあたっての基本的な考え方(実は大学校の小論文のテーマでもありました)についても考えてみました。

今年は、新たな目標達成に向けて、努力していきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

Extra

ランキング参加中

にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

Author:いもぺんき
FC2ブログへようこそ!

3歳女児のママで、兼業主婦。 小さなソフトウェア会社で、生産管理システムの開発・導入・・・と、SEとして働いていましたが、育休から復帰後、自分の働く意義や立ち位置、また、これからの人生について、どうすればよいのか、わからなくなってしまいました。 そんな中、今の仕事を続けつつ、新たな自分の可能性として、中小企業診断士→工場のコンサルタント(←って限定しちゃってよいのかわかりませんが・・・)をめざし、受験を決意しました。

Twitter

 

FC2カウンター

最近の記事

ブロとも一覧


■ ブログ名:翻訳修業日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。