Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/3~6の学習0時間・・・

4連休、全く勉強せず。
ま、5分とかの細切れで、メモリボの暗記をしたりはしてたけど、今回はまとまった時間は無理と潔くあきらめた。

それから車の移動が多かったので、旦那を相手に、会社の設立についての説明、中小企業白書と施策についての説明をした。
これ、学習時間には入れてないけど、けっこう、よかった。
人に説明するというのは、頭に定着しやすい。うっと・・・説明につまったりしたところは、テキストは一応持ち歩いていたので、ちらちらと確認したりはした。
こういうところは忘れにくいので、これで定着してほしいもの。

で思いだすのが、私の高校の歴史の授業。
私は大学の付属高校だったので、授業は受験ではなく教養というイメージ。
試験がなくレポートのみの科目もちょこちょこあり、大学に向けて文書を書く訓練をさせられていた感じ。
歴史の先生は、テストはあったものの、原稿用紙4枚程度の論文形式だった。
事前にテーマが8つ発表され、その中のどれか1つが出題される。
たいていクラスの気のあう8人が集まって、テーマ1つづつをまとめ、それを交換し、暗記する。
友達のためにもいいが減なことはできないし、また、まじめにやりさえすいれば必ず、点がとれるので
ポイントをしぼってまとめたりは、けっこうまじめにやった。
そして、これで覚えた歴史って、実は、後々まで、記憶に定着しているのだなあ。
やっぱり、ストーリーにまとめる。記憶する。人に説明する。って、大切なのだと思う。
ということを、旦那に、説明しながら、思いだしたり。

と言ってる場合でなく、連休明けから、本当に気合入れてがんばる!


【112~115日目累積時間】
本日0h
318.0h/(かなり難しい)目標1000h

一次模試投函と一次アウトプット(前半)の個人成績

今日から週末にかけて、中小企業経営・政策のうち、政策のインプット(暗記)をしようと考えている。
白書は、勉強していて楽しいのだけれど、政策のほうは、同じような単語ばかり出てきて、ちょっと面倒な印象なので、政策を先に・・・

まずは、コメンタール。声を出して単語を記憶していく方法が私の定番なので、けっこう大きな声で、自分で質問して、自分で答える。
こんなとき、ドラゴン桜みたいに、だれかもう一人いて、質問してくてて、それに応えてを・・・交互にしたらはかどりそうなのになあ。

勉強時間が終わった後、家事をしながらインプットDVDをかけた。
講師があげるキーワードをオウム返しに繰り返す感じで、言葉を発しながら復習する感じで。

以前作った施策のカードなのだけど、これ、自分で作ったのに、使いにくい。
エクセルのデータがあるので、メモリボ化し、両方持ち歩いてみることにする。

平成20年度の中小企業診断士試験に関する公告が出てたのでチェック。
旦那に、試験1日目は、宿泊してもいいよと言ってもらえた。
この日が、子供と初めての、別々の一夜になるかも!!

それから、昼休みに、一次模試を投函した。ふう・・・・
外に出たついでに、本屋にいって、TBCのクイックマスターシリーズの”新ストレート合格法”を立ち読み。

帰宅すると、一次アウトプットの個人成績が届いていた。
企業経営理論Aが、3位!
残り科目はすべて、ちょうど真ん中くらいの順位だった。
点数の分布を見ると、一人だけずばぬけてできる人がいる様子。

私は勉強をはじめたのが遅かったこともあり、他の人のブログなどを見ても、遅れている感であせっていたので、なんとか追いついてきたのかなという気持ちにもなると同時に、さらにがんばらなきゃ・・・という、前向きな感情がわいた感じ♪


【学習内容】

①中小企業経営・中小企業政策
・コメンタールインプットとメモリボ化:4:30~6:30(2.0h)

②財務・会計
・セレクト問題集:通勤時間(0.5h)

【97日目累積時間】
本日2.5h
281.0h/(かなり難しい)目標1000h


ポータブルDVD

最初はリビングのでかいPDPの前で、テーブルがないので、床とかダンボール(!)を机に勉強していたが、ポータブルDVD(BLUEDOT BDP-1470W)を、オークションで安く手に入れた。

4インチのディスプレイで、本体が小さいし充電池を入れても重量は軽い!
通勤時間は短いので、電車の中で・・・という使い方はしていないけど、家の中でどこでも持ち運べるから、まずは朝の勉強は、ダイニングテーブルでできるようになった。
じっくり見れなくても、その後は、お皿を洗ったり、お弁当を作りながら、音声だけ聞いたりしている。
私のように細切れ時間で見るには、しおり機能もなかなか便利。

CPRM方式(衛星デジタル録画)は、再生できないので自宅で録画した映画やドラマはみれないので、勉強専用か・・・
めでたく、半年後には不要になるように、がんがん使おう~!



TBC訪問

とにかく当日、キャンセルせずに無事にアポ時間にいけました。
場所もHPの案内の地図通りで迷わずばっちり。

応対は通信教育を担当されている主任講師の方。
さっそくインプットにあたるテキストや、アウトプットにあたる演習問題などの教材を見せていただく。
TACと同様、サイズが大きめで、いかにもテキストという感じ。中身は市販のものとは異なるオリジナルということ。
苦手意識のある経済学を開くと、図表が多いのと、余白がゆったりしている。
書店でも思ったのだけど、箇条書きでなく、説明+図表という形でとっかかりはよさそう。
サブテキストは、要点がまとめられている+自分で書き込むノートという形になっていて使いよさそうだった。
アウトプット資料は、正直まだぴんとこなかった。

続いて、自分の現状について簡単に説明。
前提の経験や知識、TACとTBCが有力で検討中であることなどを伝えた上で、今から勉強して今年に間に合うのか?と質問。
と、やはり、どれだけ時間がとれるか、は重要であることを言われる。
ただ、科目合格を狙わないほうがよいし、免除をうけないほうがよい。
ここまで大きくはTACと同じ。
違ったのは、2年かけるなら、1年目に簿記や入門経済学を学ぶよりは、この科目を1年目に・・などというアドバイスやその根拠を聞いた。
さらに、私自身の有利な点としては、女性受験者が、たいていイメージができず一番の苦手科目となる運営管理(特に生産管理)の実務経験と知識があることと言っていただいた。
あと、TACではいえませんといわれた合格率も(科目合格があるのでカウントが微妙ですが・・という前提で)教えていただいた。

また、資料にあったようにTBCを選ぶことによる合格後のメリットの話もあったのだけど・・・
正直、今からで1次が突破できるのか、私のモチベーションが持続するかも不安で、そんなことまで考えられませ~ん。
ただ、DVDでも説明があったのだけど、TBCでは、合格後すぐに、実名を出して合格者にテキストを執筆してもらいます。
という話で、実際、合格の翌年か翌々年だったかには、本を出されているのを示されたりしたのは、へ~って感じでした。

とりあえず教材はいけそうだったし、通学に比べてモチベーションの維持に不安がある通信において、重要となるであろう学校のフォロー体制は、実際に担任となられる講師の方と会うことによってかなり解消された。
直感ながら、学校ならTACよりTBCのほうが私にはあっているように感じた。
独学という考えもまだ捨て切れなかったので、一度持ち帰って、考えるかとも思ったけど、とにかく1日でも早くスタートしたほうがよいということもあり、直感を信じ、その場で入学手続きをした。

この日はさっそく、教材の1部を持って帰る。
帰り際に、メールで相談するにも、顔を知っているのと知らないとでは違いますよねと言ったところ、講師の立場も同じですよと言われた。

ということで、TBC入学が決まりました!!

TBC訪問前

仕事から帰宅して夕食どたばたがおちついた20時前くらいにTBCに電話をしてみる。
呼び出し音が出るものの誰も出ない。
翌日も同様。送付してもらった資料をよく見ると、平日は18時までの営業らしい。
社会人の予備校だし、当然20時くらいまではやっているのかと思っていた・・・

翌日日中に再度電話。
通信教育担任となる方とお話ができたので、訪問してテキスト等教材を見せてもらいたい旨を伝え、
早いほうがよいだろうと、さっそく翌日土曜の10時半にアポを取らせていただいた。
と共に旦那にメールで、翌日午前中半日、娘をみていてもらえないかと連絡。
打診はしておいたので、すぐに旦那からOKと返事があり、一安心。
最近、ちょっと出易くなったけど、それでも、半日、1日自由に一人で自由に出歩くには、娘を誰かに見てもらう段取りが事前に必要なので、難しい。

ところがこの日の夜から、娘の体調が悪くなってきた。鼻をたらし咳をしている。
気管支があまり強くないので嫌な予感。
旦那は、よく子供の面倒を見てくれるが、病気の子供をおいて出かけることをとても嫌がる。
もちろん出かける用事の重要度(冠婚葬祭・・・)などにもよるし、私だって、わざわざおいてまで自分の遊びのために出かけることは避けたい。
今回は、冠婚葬祭ほどではないけど、遊びでもない。独学か?学校か?また学校にするならどこにするかはは1日でも早く決めたいところなので
結局、当日朝、とりあえず、朝一番に小児科へ連れて行く。
そのうえで、重かったらすぐにTBCにキャンセルの電話をする。軽そうなら、旦那に預けて予定通り出かけることにする。
ただし、一番に見てもらうことができないと、当初のアポ時間には間に合いそうもないので、かなり早く出かけないと・・・と覚悟。

当日朝、気合で行くが、人気小児科のため、順番は3番・・・
ただ、前の二人はかなり早く来ていて、一度自宅に帰ってしまったようで、
結局、若干はやめに診察が開始されたこともあり、1番2番が呼ばれた時点でいらっしゃらず
繰上げ1番で診てもらうことができた。
症状も軽かったので、ほっとしつつ、帰宅して旦那に預けて、その足で出かけることができた。

ところで、前日に、やはりアポをとったからには、質問や相談もしたい。
その前にあらためて、TBCから送られてきた資料とDVDを見てみることにした。
資料の内容の特徴と他と違う点は、2次試験の合格率が高いことをうたっている点。
また、1・2次とストレート合格とした場合、5年後に登録を継続できるためにフォローをメリットとして大きくおしている。
DVDのほうは、入学前の人を対象にした無料セミナーが、たっぷり2時間半でした。
これが、けっこうおもしろかった。質問しようとしていたことも、よくある質問なようでだいたい解決した。
このDVDを見ることにより、TBCの考え方や雰囲気、試験の概略もわかったし、自分自身の動機や覚悟などの整理にもつながったと思う。
講師の方の話が上手なこともあると思うけれど、1次は、この学校の言う通りに時間を確保して勉強すれば受かるのかもしれないと感じた。
合格に必要とされる1000時間・・・ 今からで1000時間は難しいとしても、どこまで近づけられるか・・・

Extra

ランキング参加中

にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

いもぺんき

Author:いもぺんき
FC2ブログへようこそ!

3歳女児のママで、兼業主婦。 小さなソフトウェア会社で、生産管理システムの開発・導入・・・と、SEとして働いていましたが、育休から復帰後、自分の働く意義や立ち位置、また、これからの人生について、どうすればよいのか、わからなくなってしまいました。 そんな中、今の仕事を続けつつ、新たな自分の可能性として、中小企業診断士→工場のコンサルタント(←って限定しちゃってよいのかわかりませんが・・・)をめざし、受験を決意しました。

Twitter

 

FC2カウンター

最近の記事

ブロとも一覧


■ ブログ名:翻訳修業日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。